途上国の人に聞いた「途上国で飢餓がなくならない理由」が悲惨だった!!

イエメンで現在数百万人の子ども達が飢餓にあえいでいる。

このような問題は今始まったばかりでなく、昔からあった話

しかしコロナによって寄付金が集まらず事態は深刻な状況になっている。

こんな時、たまたま飢餓や貧困で悩む国のかたに「どうして子どもたちは飢餓に悩むのか」と聞いたところ、彼はすんなりと納得いく答えを教えてくれたのである。



ニュースの概要

【6月29日 AFP】国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は26日、内戦が続くイエメンの子どもたち数百万人が、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)のさなかで資金援助が不足し、「飢餓の瀬戸際」まで追いやられる可能性があるとする報告書を発表した。  イエメンでは、国際社会から承認された暫定政府とイランの支援を受ける反政府武装勢力フーシ派(Huthi)が内戦を繰り広げ、暫定政府を支援するためにサウジアラビア主導の連合軍が2015年に介入して以降は内戦がさらに激化。医療制度はほぼ崩壊状態にある。  ユニセフが新たに発表した報告書は、新型ウイルスの感染拡大により、子どもたちにとってすでに悲惨な事態がさらに悪化すると警告。  今後半年間でさらに3万人の子どもたちが、命を脅かす深刻な急性栄養失調に陥り、栄養不良の子どもの数は全体で、約20%増の240万人に達する可能性があるとしている。  ユニセフが引用した米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)ブルームバーグ公衆衛生学部(Bloomberg School of Public Health)の推計では、今後半年間で5歳未満の子どもさらに6600人が、予防可能な症状により死亡する可能性が示唆されている。  ユニセフのイエメン担当者は「もし緊急の資金援助を受け取らなかったら、子どもたちは飢餓の瀬戸際に追いやられ、大勢が亡くなるだろう」「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がまん延し、すでに世界最悪の人道危機に置かれた子どもたちが必死に生き延びようとしている中、この切迫性をいくら誇張しようとしてもしきれない」と訴えた。  イエメンではこれまでに公式に確認された感染者数が1000人を超え、死者は275人に上っている。だが、大半の医療機関では死因を特定するための設備が不十分で、実際の人数ははるかに上回ることを示す不吉な兆候もある。  ユニセフは今年、人道支援として4億6100万ドル(約490億円)近く、さらに新型ウイルスへの対応支援として5300万ドル(約57億円)の資金援助を求めている。  だが「これまでに得られた資金は、新型ウイルスの対応支援ではわずか10%、人道支援では39%にすぎない」という。  同担当者は「イエメンの子どもたちは自国で持続的な平和と安定を必要としている。それが達成されるまで、子どもたちの命を救い幼少期を保護するためにできることはすべてやらなければならない」と話した。引用元:AFP

このニュースに対しネットでは?

子どもはどこの国の子どもでも我が子のように考えてあげたい。
ただ、今はみんなお金にも気持ちにも余裕がないのでは?
ユニセフという機関の中身が不明ということもあり、寄付には二の足を踏む。
例えば、
1人の寄付者が一人の子どもに確実に物資が届くダイレクトな透明性のあるものならいいと思う。
手を差しのべたい気持ちはある。引用:yahoo

確かにユニセフと言う団体は中身が不透明ですね。

寄付で集まったお金はどのように使われているのでしょうか?

一説には寄付されてる人間には実際の寄付のお金の1%で残りの99%のお金は寄付活動に関わった人に渡されているというウワサも聞いたことがあります。

昔から先進国はアフリカなどの貧しい国を支援してきてるけど、一向に生活が良くならないのはどうしてなんだろう。
支援が届いていないのか、支援してもらうのが当たり前になっていて働く意欲がないのか。
寄付って聞こえはいいけど、自立する気がなくなるんじゃないかな。引用:yahoo

そうなんです、かれこれもう何十年、私が物心ついた頃には既に飢餓は始まって、寄付活動は行なわれていました。

私の考えが変なのか?

子供を産んでもちゃんと育てられない環境なのは明白なのに何故に産むのか?そしてどうにか生き延びた子は、教育も受けられず、本能のまんま、また不幸になる子供を作る。

根本の国の政策を変えないと、いつまでも不幸な子が増えるだけ。

そしてこれを食い物にしてる寄付集め団体から、中抜きされて、いいように利用されてるだけ。

永遠に追いかけっ子してるだけ。引用:yahoo

これが一番日本人から出る意見である。

どうして育てられない子どもを作るのか?

日本での少子化というのは、今の経済状況では育てられないと子どもを作らないかたもおおいのである。

しかし、なぜか貧困国には子どもが多い・・・そこで恥を忍んで現地人に聞いてみた。




現地人の話

確かに寄付の物資は先進国から届いている。

でも食べ物が手に入ると食べ物は子どもではなく、お父さんお母さんの口に入り栄養になり、元気になる。

すると元気になると何をやる?

夜は電気がないし、長い。だから何をやる?やることは一つだろう?

だから子どもがたくさん生まれる。

海外青年協力隊のかたの話

Aさんとする。彼はアフリカの田舎に派遣され、農業を教えることになっていった。

そこで彼は現地人に鍬を渡し、さあ今から開墾しましょうというと、誰もやらない。

汗水流して必死にかたい大地に穴を開けているのはAさんだけだったそうだ。

そこでAさんは、現地人に「なぜ畑を耕さないのか」と聞くと「タダで食べ物が届くのになんでわざわざ苦しいことをするのか」と言われてしまったそうだ。

先進国が彼らを散々、人道支援という名の物資を何もしなくてももらえるという意識を彼らに持たせてしまったため、働かなくなったとか。

実際は・・・どうなの?

確かに本当に困っている国は多いし、インフラも整っていない国も多い。

ただ国にお金をあげてしまうと、その国の政治家を潤すだけになってしまう可能性も高い。

もちろん物資の支援も彼らはたくさん受け取り、市場で売り払い、結局彼らの私腹を肥やすだけになってしまう。

まずは、このような状態から抜け出さなければ、いつまでたっても寄付に頼らなくてはいけない。

そこで大切なのは国民の意識の向上ではないだろうか?

お金持ちはずっとお金持ちに、貧乏人はずっと貧乏になっていてもそれに満足いくことが出来るのだろうか。

このまま行くのはあまりにも危険だと思うのだが。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。