海外旅行 いつからいけるの?旅行会社の動向から読み解いてみたら??

入国制限の緩和が話題になっておりますが、いまだ世界の約75%の国が出入国できない状態が続いています。

その国にとって観光がメインとなっている国、そして発症してしまうと医療設備が整っていない発展途上国ほど制限が厳しいとか・・・

一刻も早く観光客に来て欲しいと思っているキプロスは、観光に必要なのは交通費だけ!!万が一コロナにかかった場合は医療費も国が負担しますとなんとも大胆な発言まで飛び出しています。

とにかく観光客を早く取り戻して国の経済を立て直したいと言う気持ちがひしひしと感じられます。

他にはどんな国が、国境を開いて、開く予定か見ていきましょう。




ベトナム

6月下旬から、ビジネスの方を優先的に緩和し、徐々に一般の観光客もという感じです。

ベトナムには確かに感染者がいますが、人数も少なく死亡者0とのこと。

まず1番最初にベトナムの海外旅行が解禁となりそうですね。

イタリア

イタリアは日本人観光客のもっとも人気のあるスポットの一つです。

イタリアはEU加盟国イギリスからの観光客の受け入れを既に始めています。

但し、イタリアを結ぶ国際線は再開されておらず、イタリアは他国に対し安全を強調していますが、さすがにヨーロッパで最も多数の死者を出した国だけに未だに観光客は以前のように戻っておりません。

日本の旅行会社もそれだけに慎重にならざるを得ないので、イタリアへの団体ツアーはまだまだ先のことでしょうね。

ギリシャ

入国緩和に6月15日から出ると言う話も出ておりましたが、延期になっております。

現在では7月1日からとなっていますが、アトランダムでPCRの検査を行なうらしいです。

万が一、陽性という判断が出てしまった場合は、即帰国またはそのまま感染者専用のホテルで直行!14日間の待機決定とならざるを得ないのでお勧めは出来ませんね。





アイスランド

アイルランドは現在、7月1日から日本人の入国を許可すると言っておりますが、それには条件があります。

2週間の自主隔離または空港でのPCR検査などがあります。

ただPCR検査はどれくらい時間がかかるかわかりません。

場合によっては「疑いあり」なんてなったとき、どれくらい空港または施設で缶詰になるかわかりませんのでおすすめじゃありません。

せっかくのツアーの1日目だってもしかしたら検査のために費やすかもしれませんね。

おすすめしない現在の海外旅行、その理由

解禁後のすぐあとはツアーは驚くほど安く、飛びつく人も多いでしょう。

ただ考えてみてください。

解禁されたから絶対安全と言うわけではないのです。

万が一かかっても自己責任ですよというだけです。

しかも解禁後はこぞって人が出掛けます。

観光地は未曾有の人だかり状態、将に3密状態ですよ。

それに対し、現地の人間は歓迎ムードどころか「迷惑ムード」に違いありません。

特に私たちアジア人はコロナ発生国といわれています中国の方々と同じ顔をしているので、場合によっては「コロナ!!」と叫ばれるかもしれません。

私は3月にモロッコに行きましたが、行く先々で「コロナ!あっち行け!」と言われました。

そして解除されたといってもまだマスクは外せません。現地でも着用を義務とされ場合によっては、外して行動したら逮捕ということにもなりません。

そんなところでマスクして記念写真なんてとりたいですか?

そして日本に帰国後にコロナを発症したら「ほら!言わんこっちゃない」と職場、近所、ネットでたたかれるのが目に見えています。

普通に行動していて感染するのと、海外旅行にいって感染するのとどちらが叩かれると思いますか?

ですので、できれば12月くらいがお勧めですね。

ツアー会社によってはシーズンの9月に間に合わせたいと準備をしている会社もありますが、安全を確認してからのほうが絶対いいですよ。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。