【旅行会社が教えてくれない】海外旅行に行く前にやること。パスポートの紛失のための対処法など

こんにちは。

海外旅行はいつから??と待ち遠しい気持ちの人も多いのでは?

でも、実際に海外旅行が解禁になりますと心の緊張感もほぐれ、トラブルに巻き込まれてしまうかたもいます。

そんなトラブルに巻き込まれないために私たち添乗員が行なっているノウハウをこっそり教えましょう。

行く前に読んでいただけると安心して海外旅行を楽しめると思います。




パスポートを紛失してしまった時のために

今、海外旅行に行く人が増えましたが、パスポートを失くしてしまう人も増えました。

「命の次に大事」なんて言われますが、実際に盗まれたかたを見ているとそんなに大事なものと意識していない人が殆どです。

どうしてそんなに大事なの?保険に入っているから大丈夫なんていっている方がいますが、パスポートを紛失すると金銭的にも精神的にもかなりキツイ。

保険に入っているから・・・なんていわれますが保険で全額は賄えない場合が多いです。

まず紛失してしまうと、ツアーはそこで中断となります。発行されるまで大使館、領事館の近くに留まることになります。

すぐにはパスポートは発行されません。

ツアーを離団するため、食事代、ホテル代、交通費、立会いのアシスタント代(半日170ユーロ~)、ツアーと合流できなかった場合は帰国のための航空運賃(正規料金 ヨーロッパは片道50万くらい)かかります。

それ以外にパスポートサイズの写真(海外にはインスタント写真機が少ない)、なんと6ヶ月以内の戸籍謄本(または抄本)が必要となります。

そしてパスポートのコピーが必要です。

これらは海外に行く時には必ず持って行きましょう。

万が一一つでもかけると作成するのに1日以上かかるとみていいでしょう。

外務省たびレジ

これは外務省が配信している海外の安全情報アプリです。

今回のようなコロナウィルスで飛行機が飛ばない、空港が閉鎖と言う事態が起きましたが、これらはたびレジで「どこどこの空港がいつ閉鎖されますよ」という情報がいち早く流れましたので、たびレジに登録をしていた人はいち早く飛行機の手配をし、閉鎖前に帰国することが出来ました。

またその国の紛争、盗難なども載っておりリアルタイムでその情報をキャッチできると言う優れもの。

特に一人で旅行に行くというかたにもお勧めです。あるとないでは断然違います。

たびレジのインストールはこちらから




クレジットカード

クレジットカードをまだ作ったことがないという人もいると思いますが、海外では信用でものを買ったり宿泊をします。

その場合、クレジットカードがないと多額のデポジット(保証金)を請求されます。

そんな時のためにクレジットカードはこの際作りましょう。

但し、作ったほうがいいカードは「VISA card」「master card」

JCBカードを持ってくる方が多いのですが、これは海外で使えるところが少ないです。

ビザカード、マスターカードは世界を網羅していますので間違いないでしょう。

北欧はカード社会でマクドナルドもカードで支払っているくらいカードが流通してますので、北欧に行く際はカードを持って行きましょう。

海外旅行保険

カードに付帯されているとよく言われますが、約款をよく読んでいますが?

約款には時々「旅行代金をカードで支払った時のみ」「往時の交通費をカードで払ったときのみ」など書かれています。

海外旅行でよく起こるトラブルとして「お風呂の水を溢れさせてしまった」「スーツケースが壊れた」「飛行機が遅延したり天候理由で別の場所に到着し、ホテルを自費で賄わなくてはならなくなった」ということがあります。

因みにお風呂のお湯ですが私の知人はハワイで溢れさせてしまい、500万円請求されました。

お風呂のフロアーを交換しないとだめになったとか。保険では350万賄えたとのこと。

パスポートケース

パスポートを盗まれないためにパスポートケースに入れ、肌身離さず持ち歩くのがお勧めです。

よく100均のパスポートケースを使っている方がいますが、造りはしっかりしていますか?

もっている」ということに安心してしまい、使いにくいパスポートケースを持っているかたもいます。

なんか造りの凝ったパスポートケースを持っているかたもいますが、入国審査の時ケースを外すように要求される時もありますので注意が必要です。

お勧めのパスポートケースをここに載せておきます。

重さが気になるというかたにはこちら

スキミングが気になるというかたはこちら

スリムなデザインでスキミング防止はこちら

パスポートケースは。首から下げられること、そしてすぐ取り出せること、そして持っていることを気づかれないことが基本です。

以上、添乗員として「海外旅行にいくなら最低これだけは必要」と思っているものをあげてみました。

旅行会社からすると、そんなこというと海外旅行は危険と思われてしまうからと言えない言わないことも書いてありますので参考にしてみてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。