【いちばん詳しい】パスポートの申請・更新・料金・必要書類について、あなたの困ったにお答えいたします

コロナが終わったら真っ先に海外旅行に行きたい!と思っているかたもいるのではないでしょうか?

でもパスポートがない!!どうやって取ったらいいかわからない。必要な書類は?更新方法は?料金は?写真は?期限がきれちゃったのだけど・・・困ったがたくさんありますね。

それをどこよりもやさしくわかりやすく説明していきたいと思います。





パスポートはどこで申請するの?

パスポートの申請は、各都道府県のパスポートセンター、市役所、行政センターなどで申請が出来ます。曜日としてはおもに土日、祝日を除いた平日に行なっています。

各都道府県の主なパスポートセンターを載せておきました。

名前をクリックすると公式ページにいきます。

北海道 北海道パスポートセンター  011-219-3388
青森 県庁パスポート窓口 017-777-4499
岩手 岩手県パスポートセンター 019-606-1720
秋田 県庁・県民生活課旅券班 018-860-1112
宮城 宮城県パスポートセンター 022-211-2278
山形 山形県パスポートセンター 023-647-2566
福島 パスポートセンター 024-525-4032
茨城 水戸市パスポートセンター 029-232-0250
栃木 宇都宮市パスポートセンター 028-616-1544
群馬 高崎市パスポートセンター 027-323-1555
千葉 千葉県旅券事務所 043-238-5711
埼玉 パスポートセンター 048-647-4040
東京 パスポートセンター 03-5908-0400
神奈川 神奈川県パスポートセンター 045-507-4414
新潟 新潟県パスポートセンター 025-290-6670
富山 富山県旅券センター 076-445-4581
石川 パスポートセンター 076-223-9109
福井 福井窓口 0776-28-8820
山梨 山梨県パスポートセンター 055-222-2040
長野 長野地域振興局 026-233-5151
岐阜 岐阜県旅券センター 058-277-1000
愛知 愛知県旅券センター 052-563-0236
静岡 市町村役場(旅券センター閉鎖) 054-221-3755
三重 三重県旅券センター 059-222-5980
滋賀 パスポートセンター 077-527-3323
京都 京都府旅券事務所 075-352-6655
大阪 大阪府パスポートセンター 066-6944-6626
兵庫 兵庫県旅券事務所 078-222-8700
奈良 奈良県旅券事務所 0742-35-8601
和歌山 和歌山県パスポートセンター 073-436-7888
鳥取 観光交流局 交流推進課 0857-26-7080
島根 島根県パスポートセンター 0852-27-8686
岡山 岡山市パスポート市民サービス 086-256-1000
広島 広島市旅券センター 082-221-8911
山口 パスポートセンター 083-231-5046
徳島 徳島県パスポートセンター 088-656-3554
香川 香川県パスポートセンター 087-825-5111
愛媛 松山市パスポートセンター 089-926-3330
高知 国際交流課 パスポート担当 088-823-9656
福岡 福岡県パスポートセンター 092-725-9001
佐賀 市町村窓口 0952-25-7328
長崎 長崎県パスポートセンター 095-894-3441
熊本 市町村窓口 096-383-1111
大分 大分市パスポートセンター 0975746355
宮崎 宮崎パスポートセンター 0985-26-7268
鹿児島 かごしま県民交流センター 099-221-6611
沖縄 沖縄県旅券センター 098-866-2775

近頃は、わざわざパスポートセンターに行かなくても住民票の市町村の役場でとれる様になっています。

ですので県によってはパスポートセンターを閉鎖しているところがありますので、行く前に必ず電話で確認しておきましょう。

料金はいくら?

20歳以上 10年間 16,000円

12歳以上 5年間  11,000円

12歳未満 5年間  6,000円(12歳未満は成長が著しく10年はありません。)

法律によれば,年齢は誕生日の前日に1歳加算され,12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため,手数料の減額措置は,12回目の誕生日の前々日までに申請を行った方に対し適用されます。

こちらは基本、収入印紙で支払いを致しますが、都道府県によって現金の場合もあります。

収入印紙は窓口で購入できる場合が多いのでわざわざ買いに行く必要はありません。

支払いはパスポートを受領する日に支払います。

添乗員のお得な豆知識!

どちらをとったらいい?と言われますがこれは旅行の頻度にもよります。

ページ数 10年 44ページ

5年  28ページ

パスポートは出入国のスタンプを押すだけではありません。

国によってはビザが必要となり、ビザは殆どがシールでこのパスポートの1ページを占めるのもあります。(カンボジア、ロシア他)

またこのビザを取るにはスタンプの押していないまっさらのページが見開きで6ページないとビザは取れませんという国もあります。(南アフリカ他)

結婚や離婚によって苗字が変わる場合、新たにパスポートを取り直すか、または変更手続き(手数料6,000円)が必要です。・・・5年のほうがお得

最近は日本でも自動化がすすんでおり、スタンプも申請がない限り押されませんので長く使えるようになっています。

パスポートはもしスタンプがたくさんになってしまい、押す場所がなくなってしまった場合は増補が1回に限り可能です。(40ページで2500円有料)

以上をわきまえ、よく旅行に行く場合は5年、あまり行かないと言うかたは10年。決められないというかたは5年がお勧めです。




必要な日数は?

外務省のページでは「通常1週間程度(土・日・休日を除く)」と書かれていますが都道府県や市町村によって違います。だいたい10日前後です。ただ祝日や土日をはさむと更に長くなるので、余裕をもって申請に行くことが必要です。

申請に必要な書類は?

(1)一般旅券発給申請書 1通

こちらはウエブからダウンロードして印刷して使用することができます。

Webで書類を印刷はこちら

しかし!この紙ですがわざわざここで印刷をしなくても申請する場所にたーくさん置いてあります。申請の朝一番に並んでも、その日の窓口終了ぎりぎりで申請しても同じ日に発行されます。

書くのが難しいのでは?見本がその場所においてありますし、係員に聞いても親切に教えてくれます。

(2)戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通

6ヶ月以内に取得されたものに限ります。

(3)住民票の写し 1通

必要となるかたは住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方や住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方(この場合,都道府県によっては対応が異なりますので,詳細は申請先のパスポートセンターにて確認ください。)に限ります。

ただ現在、住民票はコンビニで取り寄せることも出来ます。

(4)写真 1枚

縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なしで,無背景(無地で淡い色)の写真。

申請日前6カ月以内に撮影されたもの。

無帽で正面を向いたもので,頭頂からあごまでが34±2mmであるなど申請書に記載されている規格を満たしていることが必要です。

写真の裏面には申請者の氏名を(表面に文字が浮かび出ないよう筆圧に注意して)記入してください。(ご記入の際は表面にインクがにじまないように,また凸凹が出ないようにご注意ください。)

*申請する場所の近くにインスタント写真の機械がある場合もあります。

添乗員の余談

写真は無理をしない程度でお化粧しましょう。

写真と実物が違いすぎると、入国審査を通過しづらくなります。

10年のパスポートを取られたかたは10年間その写真が使われると想定してから写真を撮ったほうがいいでしょう。

(5)申請者本人を確認できる書類

(有効な書類の原本に限ります)

(個人番号(マイナンバー)制度の開始に伴い平成27年10月5日以降に住民登録をしている市町村から送付された「通知カード」については,本人確認書類として使用できませんのでご注意ください。

    • 1点で良い書類(一部のみ掲載)
      マイナンバーカード(個人番号カード。通知カードは不可。),運転免許証,船員手帳など写真の入ったもの
    • 2点必要な書類(上記の書類がない場合)下記のAとBの各1点,又はAから2点を提示してください。
A 健康保険証,国民健康保険証,共済組合員証,船員保険証,後期高齢者医療被保険者証,国民年金証書(手帳),厚生年金証書,船員保険年金証書,恩給証書,共済年金証書,印鑑登録証明書(この場合は登録した印鑑も必要です)等
B 次の内写真が貼ってあるもの学生証,会社の身分証明書,公の機関が発行した資格証明書等

(引用元:外務省HP)

パスポートの更新

パスポートの期限がきれそう、パスポートのページがなくなってしまった場合、更新が必要です。

ただ期間がまだ残っていてページ数が足らない場合は増補がお勧めです。

ヨーロッパなどパスポートの残存期間が6ヶ月以上ないと入国できない、ページ数が足らないと入国が出来ない場合もありますのでパスポートが切れる前、ページ数が少なくなっても海外旅行に行こうと考えているかたは注意が必要です。

ただ私もそうでしたが、パスポートセンターに行きましたところ、パスポートの切れる1年前に出直してくださいと言われました。

しかし事情を話していただくと許可をされる場合が多いので相談してみてください。

場所 新規でパスポートを取れる場所と同じ

値段 上記と同じ

必要書類

一般旅券発給申請書1通 こちらは申請する市町村の場所においてあります。

写真1枚 上記の写真を参考にしてください

現在使用中のパスポート 新規でパスポートが発行された後穴を開けて返却してもらえます

戸籍抄本(謄本)、住民票などは居住地で申請し、かつ変更点がなければ不要となります。

もちろん手数料は新規でとる場合と同額の金額がかかります。

日数も新規でとる場合と同じくらいの日数がかかりますので、早めに申請しましょう。

以上がパスポートについての情報です。

ただ都道府県により、変更が行なわれる場合がありますので事前にお問い合わせをすることをお勧めいたします。






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。